カタログ一括請求

こんにちは、ゲストさん

アーリーアメリカン住宅の外観とインテリア

アーリーアメリカンとは、イギリスの植民地時代のアメリカで盛んに建築された住宅に用いられた建築様式をルーツとして、それをアレンジした住宅のことです。現在もアメリカンスタイルの住宅の一種として人気があります。どこか懐かしい雰囲気と、ヨーロッパのテイストも感じることができる、独特の雰囲気が魅力です。 外観特徴として、白を基調とした横張りのラップサイディングの外壁、ドーマーと呼ばれる屋根から張りだした窓、カバードポーチを採用したエントランススペースなどが挙げられます。ラップサイディングは、細い板を張っていくことで外壁を覆いますが、アーリーアメリカンスタイルを象徴する重要なパーツです。カバードポーチは白い柱で支え、白い柵で囲むのが一般的です。木製のドアも重要なパーツです。 屋根の色は好みによって選ぶことができますが、アンティーク調の屋根材を使用することで、雰囲気のある住宅にすることができます。更に、ヨーロッパの伝統的なスタイルの特徴でもある、切妻屋根やそこに設置する妻飾り、白など明るい色の鎧戸や、上下移動で開閉する木製の窓なども、デザインに採用することで、アーリーアメリカンテイストの外観が完成します。

建築実例

  • 三井ホーム 平屋+屋根裏の家

    平屋+屋根裏の家

  • 三井ホーム 庭とつながる1階の寝室

    庭とつながる1階の寝室

  • 三井ホーム リビング アーリーアメリカン 暖炉

    リビング アーリーアメリカン 暖炉

  • セルコホーム ダイニングルーム

    ダイニングルーム