カタログ一括請求

こんにちは、ゲストさん

子育ての間取り

ハウスメーカーの提案から、子育ての間取りを考えてみましょう。 まず、「子供の勉強場所」では、大きく3つのタイプがあります。 ひとつ目は、リビングやダイニングなど家族が集まる空間の一部に勉強コーナーやカウンターを設けて、 見守りながら、勉強をさせるタイプで、幼児期から小学校の低学年のお子さんにお薦めです。 二つ目は、リビングとは別の場所にセカンドリビングやファミリールームを設けて、 そこに勉強コーナーをつくり、両親の書斎コーナーとも兼用にして一緒に勉強するようなタイプです。 最後は中学受験をするような、集中力を必要とするお子様に、専用の勉強部屋を用意するタイプです。 「子供との接点」を見てみると、リビング・ダイニング・キッチンをひとつの大きな空間にすることで、 子供の気配を感じたり、必要に応じて会話ができるような工夫がされています。 また、2階への階段をリビングの中に設ける間取りも多く、帰宅した子供さんと自然と会話が出来るような設計になっています。

建築実例

  • セキスイハイム スタディコーナー

    スタディコーナー

  • セキスイハイム 学習スペース

    学習スペース

  • セキスイハイム マルチワーク

    マルチワーク

  • セキスイハイム スタディコーナー

    スタディコーナー

  • セキスイハイム 在宅ワーク カウンター

    在宅ワーク カウンター

  • 三井ホーム ワーキングスペース 勾配天井

    ワーキングスペース 勾配天井

  • 三井ホーム パノラマカウンター

    パノラマカウンター

  • ミサワホーム ファミリールーム 吹き抜け

    ファミリールーム 吹き抜け

  • セキスイハイム スタディコーナー

    スタディコーナー

  • スウェーデンハウス スタディコーナー

    スタディコーナー

  • 三井ホーム 勾配天井 トップライト

    勾配天井 トップライト

  • 三井ホーム ワーキングスペース

    ワーキングスペース

  • セキスイハイム スタディコーナー

    スタディコーナー

  • セキスイハイム スタディコーナー

    スタディコーナー

  • セキスイハイム スタディコーナー

    スタディコーナー

  • 三井ホーム ライブラリー

    ライブラリー