カタログ一括請求

こんにちは、ゲストさん

ジョージアン様式

「ジョージアン様式」とは、ジョージ王朝時代(18世紀~19世紀中頃)のイギリス人によって解釈されたイタリアンルネッサンスの建築様式です。石積み・レンガ積みの家から生まれたため、外壁が1、2階とも同じ形(総2階建)として造られました。 左右対称(シンメトリー)で、柱間(ベイ)が奇数で作られていることが特徴です。